厄年すぎる日々

問題ありすぎの厄年をつづります

低置胎盤?いきなり宣告

昨年第二子を妊娠し順調に妊婦生活を送っていました。そして今年2月、妊娠8ヶ月になったばかりの妊婦検診で先生から思いがけない言葉が…

 

胎盤の位置が低いです。この時期にこの低さだと問題があるので大きい病院に行ってもらうことになります」

 

!?!?

 

え?なにそれ?ここに来ていきなり?

いや、そういえば毎月の検診で少し胎盤の位置が低いけど、まだ上がってくるだろうから様子みましょうね〜〜〜とか言われてたような……?

それでもいきなり問題ありって今までこんなに順調で長女のときも何も問題なかったのでまさに寝耳に水状態でした。

 

私は自宅近くの産婦人科にかかっていましたが、先生からは自宅のあるこちらで産むなら国立病院に紹介状を書きますが、里帰りするならすぐに帰って病院を受診してくださいと言われました。

今回は遠方の実家に里帰り予定だったのですが、妊娠9ヶ月に入って34週ぐらいで帰るつもりだったので予定よりひと月以上早まることになります。

なにより仕事が忙しい時期だったので里帰りはもう少し先にしたいと言ったのですが、、

仕事と身体どっちが大事なの的な感じでピシャっと言われてしまい、すぐに実家に帰ることにしました。

   

肝心の胎盤のことについてですが、先生からは特に詳しい説明は聞かせてもらえず…とにかくエコーで見る限り胎盤が低い位置にあるので出血しやすいので気をつけてくださいとだけ言われました。

 

寝耳に水状態で動揺してたのでその場で色々質問することもできず、家に帰ってからネットで調べまくりました。先生の胎盤が低い、との言葉からなんとなく低置胎盤なのかなと思い情報を集めまくりましたが、結局自分の体の詳しいことはわからず悶々とした日々を過ごしました。