厄年すぎる日々

問題ありすぎの厄年をつづります

自己血貯血

前置胎盤の術中のリスクとして大量出血、胎盤癒着などがあります。出血が止まらなかったり胎盤の癒着がひどい場合は最悪子宮全摘出するそうです。

赤ちゃんを取り出した後子宮が収縮して戻る際に胎盤が剥がれたところの出血が自然に止まるのが普通みたいですが、胎盤の位置が低いと収縮も少なく血が止まりにくいそうです。

大量出血までいかなくても普通の帝王切開手術よりも出血が多くなることは必至なので、手術までに自己血貯血を行うことになりました。

普通の他人の血液を輸血する場合血液は成分ごとに必要なものをいれるそうですが、自己血の場合はそのまままるごと戻せるので時間短縮になること。また、自分の血液なのでより安全性が高いというのが理由です。

 

とりあえず400mlを2回とることになりました。

献血も好きでよくしていたし、貧血とも無縁なので特に問題なく800ml貯血できました。

鉄剤をもらって飲んでいたので便が黒くなりびっくりしましたが特に問題はありませんでした。