厄年すぎる日々

問題ありすぎの厄年をつづります

帝王切開

4月初め、妊娠38週に帝王切開を行いました。手術は無事成功し長男誕生です。半身麻酔で意識もあり、出血も少し多めぐらいで自己血は400mlだけ戻しました。術後の経過も良好でしたが…

とにかく後陣痛が痛かったです。陣痛を味わってないからか?帝王切開だからか?2人目だからか?

寝返りうつのも歩くのも痛くてヒーヒー行ってました。痛み止めを飲んでなんとか動ける感じです。入院中はもちろん退院してからもしばらく痛みは続きました。赤ちゃんのお世話で寝不足のなか身体はフラフラ。もう帝王切開は楽だなんて絶対思いません。

現在の帝王切開は横開きが主流だそうです。横開きのほうが傷跡が目立たなくなるのが理由です。しかし今回は大量出血が予測されていて、その場合は縦開きのほうが大きくお腹を開けて対処しやすいとのことで縦にざっくり10センチ以上開けました。私はお腹に傷があっても特に気になりません。3ヶ月経った今でも傷跡はバッチリ目立ちますが、パンツをはけばほとんどわからないぐらいです。

 

術後は血糖値も安定してきてインスリンもなくなりました。1ヶ月検診の血液検査でも問題なく、あとは将来糖尿病にならないように定期的に検診してくださいとのことでした。

 

今回の出産の記録はこれで終わりです。

思い返せばあっという間でなんともなかったみたいですが、前置胎盤というハイリスク出産になったことは自分のなかで大変な出来事でした。

前置胎盤は受精卵が間違って子宮の下の方に着床するものなので事前に対策をして防ぎようがありません。胎盤の位置は最初に着床してから動くことはないので妊娠中にできることも何もありません。

ただ出血に注意して生活するだけですが、安静にしてても出血する人はします。

私は幸い出血もなく少しは動き回れて38週までお腹のなかで育てることが出来たので幸運でした。

前置胎盤になった時点で運がいいとは言えませんが。

やっぱり厄年かな、でも出産で厄を落とせるらしいしもう大丈夫…このときはそう思ってました。