厄年すぎる日々

問題ありすぎの厄年をつづります

ガン宣告

7月初旬、内視鏡検査から1週間ほどして電話がかかってきました。
細胞を検査した結果、悪性のようなので大きい病院に紹介状を書きます。おそらくは手術することになると思うけど、早めに治療したほうがいいのですぐに受診してください。とのことでした。
この時は少しは覚悟してたので冷静に聞いていたつもりです。先生ははっきり言ってくれないので、病名はなんですかと聞きました。
言いにくそうでしたが…悪性なので、ガンということになりますと言ってくれました。
冷静ではいましたがショックはショックです。
まだ若いのに…今まで健康人間やったのに…

 

ただまだ詳しいことは色々検査しないと何もわかりません。わからないのに悩む時間ももったいないのでなるべく考えないようにしました。

手術で入院となると子供の世話をしてもらうために助けが必要です。迷いましたが早いほうが準備が助かると思い、この段階で実家の母にも伝えました。その時に一応身内にガン患者はいるか確認したところ、わんさかいました。

妹は中学生のころ卵巣癌になりました。これは手術で完治してます。20年前に亡くなった父方の祖父も大腸癌の再発でした。そして最近母方の祖母も大腸癌ステージ3で手術したそうです。こちらも今は特に問題ないとのことでした。これだけいたら家系かな?

 

私はお酒もタバコもまったくしません。食生活は甘いものも味の濃いものも大好きで間食もするし野菜も少し少ないかもしれません。でも極端な偏食とかはなく人並みぐらいと思います。運動はしたいと思いつつ2人目妊娠中に安静にしたりしてかなり体力が落ちました。その上授乳してるし子供2人のお世話もあるし…と言い訳ばかりでほとんどしてません。ベビーカーでウォーキングしたりしたいと思いつつ7月の今は暑さで外に出るのも嫌です。家の中ではストレッチ程度しかしてないので運動不足は間違いないですね。

でも結局原因なんてわかりません。わかったところで今更どうすることもできないですよね。