厄年すぎる日々

問題ありすぎの厄年をつづります

ゼロックス療法

7月末、いよいよ抗がん剤治療開始です。

ゼロックス療法という治療で基本的には通院と飲み薬です。ドラマなどでよく見る髪の毛が抜けてしまうような抗がん剤とはまた少し違います。こんな抗がん剤もあるのかと色々勉強になりました。

初日にエルプラットを点滴で入れて、そこから2週間ゼロータを服薬し、その後1週間お休み。この3週間を1クールとします。うまく効けば手術前に3〜4クールする予定です。

初回のみ、アレルギー反応などに備えて念のため入院で点滴をしました。問題なければすぐ退院し、次回からは通院のみです。可能性のある副作用は色々あります。吐き気、下痢、手足口のピリピリする痛み、手足指の黒ずみ、ひび割れ、口内炎、発疹などなどです。個人差が大きいのでまだわかりません。回数を重ねると強くなるとも聞きます。

また一時的に免疫機能が下がるので感染症予防もしなければいけません。やっぱり不安はありますがやってみないとわからないのでむやみに怖がるのはやめました。

 

今はこの初回の入院中です。病院で暇なのでここまで一気に厄年の日々をつらつらと書きました。本当に厄年すぎる!と思います。ここからはまた経過を少しずつ更新していけたらと思います。

 

もともと手術予定日が娘の誕生日だったので前倒しでお祝いしましたが、予定がかわったので誕生日は家にいれることになりました。もういっかいお祝いかな??